工夫で大体どうにかなる

このブログが提供するもの:1.工夫の紹介 2.心からのシャウト 3.その他

「超一流の雑談力」の目からうろこポイント

 

Kindle Unlimitedという月980円の無料読み放題サービスにより、毎日のスケジュールが「読書」で埋まりつつある私です。

 

今回は読んだ一冊の個人的な目からうろこポイントを書き残しときます。

 

正直、雑談を甘く見ていました。

 

・ヨコに探り、タテに掘り下げる

 初対面の人と喋る時など、当り障りのない話題を順番に話していき、相手が食いつけばそこにフォーカスして喋るというのは、大体の人がやっている/やろうとしていることだと思います。

 

私もそうしてきましたが、それのタテとヨコという視覚的な捉え方はとても便利に感じました。

 

只々ノープランで順番に話すより、はっきりと体系化された考えの元で喋る方が、会話が簡単に感じます。

 

 

・雑談に目的意識を持つ

雑談というと、”雑”な”談”で雑談ですが、本当に雑にするより目的意識、例えば「相手の置かれた状況を知りた」「相手のプライベートを知りたい」等を意識しながら話すほうが、よりシャープで楽しい雑談が出来るとのことです。

 

これは只々話題を順番に投げかけるより高度かつ有意義でもあります。

 

 

・雑談の流れを切らずに要件を言う

雑談の役目の1つとして、大事な要件の前の前菜というのがあります。

「販売」「営業「デートに誘う」などを成功させるため、前準備となる雑談は重要です。

 

そして、この本によるとそれ以上に重要なのがいかに雑談の流れを切らずに本題に入るかということです。

 

ポイントは、あくまで雑談の流れから派生させることだそうです。

 

「今の話しで思い出したのですが・・・」

「お話を伺っていて、お力になれると思ったのですが・・・」

 

・・・等など、「そういえば」のノリが有効だそうです。

 

英語でも、「speaking of xxx...」(「xxxと言えば...」)という言い回しが定着しています。超一流の雑談力というのは万国共通なのかもしれません。

 

 

・終わりに

...という風に、いくつか気になったポイントを書き残してみました。いやー、無料でこれはお得でした。

もっと多くの人がkindle unlimitedを利用して、著者と出版社にお金がいけば、より多くの本が登録されると思うので、是非ともより多くの方がこのサービスの素晴らしさに触れてくれればと思っています。

水の飲み過ぎ対策 この暑すぎる日々の

暑いです。もうお前何なんってレベルに暑いです。

水もガバガボ飲みたくなっています。

 

しかし、水の飲み過ぎは逆に悪影響なのも事実

 

welq.jp

 

そこで、ここでは3つの水の飲み過ぎ対策を紹介します。

 

f:id:John110:20160730165426j:plain

1.口に水を含む

口に水を入れて飲み込まずにそのまま捨てる。飲んだかのような気分になって効きます。

どうも、口の中の水っけも大事なようです。

 

水不足も発生する昨今なので、程々にどうぞ、

 

 

f:id:John110:20160730165453j:plain

2.こまめに摂取して暴走させない

そもそも、人の脳は本来ちゃんと適量な水分量しか欲しがりません。

それが何かしらの理由により暴走するから水の飲み過ぎが発生するわけです。

 

そして、その発生原因の1つが水を飲むのをガマンすること。

ガマンしているとその反動で欲求はどんどん高まっていきます。

 

なので、こまめに少量摂取することでその暴走を避けれます。

 

f:id:John110:20160730165525j:plain

3.体を涼しくする

体内の水分が減るようであればやっぱり脳は水を欲しがるもの。

 

十分に飲んだ状況でもまだ欲しがることを避けるためにも、やはり体を涼しい状態に保つのは重要です。

 

 

終わりに

僕らの頼れるグーグル先生に「水 飲み過ぎ 対策」で質問したのですが碌な返事がない。

 

なので、聞いて回って調べた水の飲み過ぎを避ける方法を書いてみました。

 

ニックネームのつけ方、考察したのを公開します

f:id:John110:20160423160245j:plain

ニックネーム、ハンドルネーム、ペンネーム。そういったネット上や書籍上での活動に使う名前ありますよね。

 

悩む人は死ぬほど悩むと思います。私もあと一歩で死にかけました。

 

それで、自分のをつける時に気をつけた5つの点を公開しようと思うのですが、その前に身も蓋もないこと言います。 

続きを読む

ブログと脱完璧主義者

f:id:John110:20160228002004p:plain

 

ブログを連続して書き続けてこれで18日目です。

 

少しでも文章力が上がればいいと思い続けていますが、正直、文章力が上がるより、完璧主義なところが下がってます笑

 

ただ、これって下手するとどんな能力より大事だと思います。

 

 

舞台に立つ回数

 

結局、実際に試すことは必須です。

 

どんなに考えても、実際に試してみたら想定外のことがおきるのは極自然です。

 

海外旅行する時、空港を含めて道中全ての地図を調べ尽くす私が言うのだからそうでしょう。

 

現在進行形で非常に適当な文章を書いているのもさらに説得力を増していると思います。

 

もちろん考えることは良いことです。準備することは無用なトラブルを回避できます。

 

しかし、最後は実際に行動してみないと分からないのです。

 

なので、とにかく舞台に立つ回数を増やすのは、非常に理にかなっています。

 

 

自分を縛るのは他人か、それとも自分か

 

以前の私も完全にそうだったのですが、記事を公開するのが怖い人っているんですよね。

 

私も完全に抜けきったわけじゃないのですが、「公開したら他人に失望されるかもしれない」「評価が下がるかもしれない」と恐怖に怯えてるわけです。

 

その根底にあるのは’減点法’だと思います。

 

学校や職場などで、行動したらマイナスされるわけです。

 

そりゃ記事の公開も怖くなります。

 

自分の文章力に自信がない時なら尚更そうです。

 

本当は行動こそがプラスな’加点法’な世界なんですけどね。

 

ちなみに、減点法に関しては過去に記事も書いていました。

 

john110.hatenablog.com

 

 

結局

 

対策としては、自分が’減点法’に支配されていると、今の恐怖は本来感じなくていい恐怖なんだと理性で理解した上で、行動してちょっとずつ慣らしていくしかないと思います。

 

もちろん、慣らしを加速させることは出来ると思います。

 

ちょうど、私がライフエンジンに参加しているように。

 

さて、この辺で記事の幕を閉じたいと思います。

 

え?キレイじゃないって?

 

いえいえ、脱完璧主義者をテーマにした記事としては、この上なくキレイな終わり方です。

スキルアップ用ゲームがさせてくれる3つの楽

f:id:John110:20160226211507j:plain

以前ここで紹介したゲームありますよね?

 

ライフエンジンというブログメディアで多少の背景は説明したのですが、スキルアップ用のゲームの3つの利点を説明していなかったので、ここでこっそり書きます。

 

lifeengine.net

 

実感できるから楽

 

色々な本で「人に質問しよう」とか「褒めればいい」と教わりますが、実際にその通りに行動できます?

 

私はよく、会話してる時は忘れてて、終わった後に「あぁ、そういえば褒めるんだった」となっていました。

 

本から習ったとおりに自分を変えるって難しいですよね。

 

逆に自分をしっかり変えれた時って、そうした方がよいと実感できている時だと思います。

例えば、大事な物を盗まれた経験があると、飛行場とかで「持ち物には注意を払いましょう」と言われても「言われなくても当然さ!」という警戒っぷりになりません?

 

私は子供の頃に2万円相当のカードゲームのコレクションを盗まれて以来ずっとそんな感じです。

 

なので、ゲームをプレイしてそうした方がよいと実感できれば、会話している時も楽に実行できます。

 

頑張って意識しなくても、体験して学んだから自然と出来るようになる

 

これは楽ですよね。

 

 

楽しいから楽

 

ゲームの利点と言えば、皆さん「楽しさ」をすぐに思い浮かべたのではないでしょうか?

 

お察しの通り、「楽しさ」は武器です

 

ゲームが十分に楽しければ、趣味として出来ます。

 

ということは、毎日の趣味の時間が学びの時間にもなるわけです。

 

反対に、勉強の時間が遊びの時間にもなるのですから、リラックス効果が見込め、生産性はさらに向上するでしょう。

 

楽しさ故の学びの速さ、簡単さは言うに及びませんが、使う時間を増やさずに結果だけを増やせるのは、楽です。

 

 

場所を選ばないから楽

 

最後の楽は、距離と関係しています。

 

体感して学ぶこと自体は、ワークショップもやっていることです。

 

しかし、そういった催しは都会で開かれるので、地方に住んでいると参加は難しいです。

 

そこで、最初からオンラインで簡単にプレイ可能なゲームとして作ることで、日本中どこにいても参加することが出来ます。

 

ゲーム自体としての楽しさがあるので、集合をかけるのも簡単です。

 

ただ、「ゲームやろうぜ!」と言えばいいのですから

 

 

以上が、スキルアップ用ゲームがさせてくれる3つの楽です。

 

DMM lounge、個人は収益を出せるのか?

f:id:John110:20160225231510j:plain

 

有力ブロガーさんによるサロンの経営も一般化し、コンテンツはよりクローズドになってきました。

 

そんな変化を見逃すDMMではなかったようで、DMM loungeなるものを始めたようです。

 

lounge.dmm.com

 

ラウンジという名のサロンをDMMのサポートのもと誰でも開けるんですってね。

 

ただあれ、一般人は開いても辛いと思います。だって出版社みたく人によって利率変えていそうなんですから

 

DMM Loungeを見つけた時、DMMのサポートがかなり便利そうだったので、利益分配がどうなっているのか調べたのですが、どこにも書いてありませんでした。

 

かろうじて、「決済金額x利率=オーナーの利益」と書いてあるのを見つけましたが、その利率はどうなってるのか?

 

どうしても見つからないので、友人に頼んでDMM会員専用お問い合わせフォームで質問してもらいました。

 

その結果、「ラウンジ開設お問い合わせフォーム使って聞け」という旨の返事が帰ってきました。

 

ただ、そのフォームを送信するには、色々な情報をガッツリと入力しないといけないんですよね。

 

これ、「利率?そんなものお前の名声次第だ」ってことな気がするんですが、どうなんでしょう?

 

まあ、実際に応募した人のケースをいくつか比較してみないと確証得れませんが。

 

名前の横にもある通り、「著名人」向きなんでしょうね、結局。

 

ただ、DMMは英会話のお陰もあり、多様な顧客を抱えています。

あそこでサロンを開くのは中々面白そうなので、今後も注目していきたいです。