読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工夫で大体どうにかなる

このブログが提供するもの:1.工夫の紹介 2.心からのシャウト 3.その他

シャドバ「バハムート降臨」環境で使うべきデッキとは?

 

いよいよシャドウバース新弾「バハムート降臨」のリリースまであと少しになりました。そこで割りとギリギリですが新環境の予測とランクマで使うべきデッキの考察を書いときます。

 

 

・メタの中心はロイヤル

まず対策すべきは「ミッドレンジロイヤル」で決まりでしょう。

ほぼ不利のつかない「ミッドレンジロイヤル」に新弾最強クラスのレジェンド、アルベールが追加される以上、よほど研究が進まないかぎりTier1の地位は安定しています。

今のTier1デッキである「冥府エルフ」と「超越ウィッチ」のどちらもが疾走フォロワーを苦手としているのでアルベールの追加はとても大きいです。

その上、「冥府エルフ」にも「超越ウィッチ」にも優秀な追加戦力はほぼいません。

なので、当面はロイヤルこそが勝ち馬でしょうし、例え実際はそうではなくてもそう考えて使う人は多いと推測されるので、もっとも対策すべきはロイヤルです。

 

・積むべきカードは確定除去

話題性から新弾リリースしばらくは「庭園バハムート」もある程度いるでしょう。以前「ディスカードドラゴン」が流行ったように。バハムートはその全体破壊効果により一定の威力をロイヤルに発揮するのもそれを助けそうです。なので、多少は「庭園バハムート」への対策も考慮すべきでしょう。

それに狂信の偶像や禁忌の研究者など是が非でも破壊したいフォロワーが新弾には多くいます。研究が進み、出されるフォロワーが固定化し個別に対策が取れるようになるまでは、多くの確定除去が必要になります。

 

・新弾で使うべきデッキは?

新弾リリースすぐの環境で主に留意すべきポイントは2つです。

1.ロイヤルと五分以上に戦える。

ロイヤルの圧倒的な盤面制圧力に対抗するには、それ以上の制圧力か、制圧されてなお勝ち切る攻撃力が必要です。単純に考えるならコントロール系デッキが有効そうですが、アルベールが入ることによってオーレリアが抜ける可能性が高いことを考慮すると疾走で殴りきるのも楽しそうです。

 

2.死の舞踏などの確定除去を無理なく入れれる。

自分の場が空の時に死の舞踏を使っても、次ターンに相手が再展開することで再び苦しい状況になります。なので、アミュレットやフォロワーの大量展開などで場に自分のフォロワーが残っている状況を作れるデッキが好ましいです。

さらに、「ミッドレンジロイヤル」対策に禁忌の研究者を投入した「秘術ウィッチ」や「コントロールロイヤル」などのかっちり制圧してくるデッキも少なくないと思われるので、出来れば全体除去も積みたいです。

 

冒険せずに安定して勝ちたいなら死の舞踏かツバキを入れた「ミッドレンジロイヤル」でいいでしょう。対策はされているでしょうが、それでもトータルでは勝てる未来しか見えません。

ただ、新弾環境を深く読み、以前の「テンポエルフ」のような脅威の勝率を体感したいなら、他のデッキを使うべきです。

私が考えているのは、苦手なデッキは割り切った「秘術ウィッチ」、除去を意識した「疾走ビショップ」、そしてアーキタイプは絞り込めていませんがヴァンパイアのデッキです。

 

・注目している3つのデッキ

ロイヤルが流行るというのはある程度の共通認識なので、恐らく一定数以上見ることになるのが禁忌の研究者や破砕の禁呪などロイヤルに有効なカードを搭載した「秘術ウィッチ」です。苦手とする「冥府エルフ」と「超越ウィッチ」もロイヤルが駆逐しそうなので、単純に考えればベストチョイスなのかもしれません。

 

「疾走ビショップ」も新弾環境で注目に値すデッキでしょう。元々、強力なカードが少なく、獣姫の呼び声などのパワーカードに頼り気味だったデッキでしたが熟練の調教師など優秀なカードが追加され、より安定した戦果が期待できるようになりました。

単純な殴り合いではロイヤル相手に若干分が悪いですが、どのような対策するかがキーとなります。

 

ヴァンパイアのデッキも可能性があります。全リーダーの中で特に多くの優秀なカードを得たからです。現環境での使用率の低さから、どの程度新弾で活躍するかは不明瞭ですし、エンハンスで出されたアルベールが進化こみで10点持っていくのが辛いです。

しかし、追加されたカードにはロイヤル対策のカードがあり、期待できます。苦手とするエルフデッキが「ミッドレンジロイヤル」や「庭園バハムート」に押される形で使用率が低くなると思われるので、追い風も吹くことでしょう。